2005年12月16日

仰木元監督が

死んでもうた。

信じられへん。

頭うごかん。

何書いてええんかもわからん。

むちゃくちゃや。

一度しか遭うたことあらへんし話したんもそんときだけやけれどうちの大切な思い出やった。

冥福を祈ります。
posted by よーこ at 12:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阪神大震災の後、災害の爪痕に暗くなりがちな空気を振り払うようなオリックスの優勝
がんばろう神戸…仰木監督は皆に勇気を与えてくれました
本当に惜しい人が居なくなってしまったと思います…
本当に突然のことで、まるで嘘のように感じてしまいます
でも、悲しいけれど事実なんですよね…
仰木元監督、御冥福をお祈りします
Posted by |w・)コソリ兎 at 2005年12月16日 15:40
んー、正直まだ実感ないですわ。

なんちゅうかおるのが当たり前の人やったので、
ちょっといきなりすぎで・・・・。

面識もないし話もしたことないけど、
関西深夜ローカルでやってたドキュメントを、
思い出して少し泣けてきました。

あの体でなぜあそこまで現場に居続けたのか、
いる必要があったのか、
居たいと思ったのか・・・・・。

「現場で死ねたら本望や。」

私にもこの言葉が言える日がくるのでしょうか?

ガンとゆう病気のせいか、
自分の父親の死に際と重なって、
切ないです。

でも人とゆうのは生きるとゆうことに、
こうも必死になれる、
そんなことを改めて思い出させてくれました。

ありがとう、そしておやすなさい・・・。

野球はあまり知らないけど、
あなたのことはたぶん忘れないと思います。

ご冥福お祈りいたします。

最後に、
支離滅裂になってごめんなさい。
やはり動揺隠せないので。

Posted by ちかぞー at 2005年12月16日 17:51
>コソリ兎はん
ようやっと受け入れられるようになったで。
来年優勝でけるとええなー>オリックスブレーブスはん

>ちかぞーはん
末期がんやったんやてね。
痛かったやろね。
仰木元監督はんが最後まで悩んではったんは清原問題やてなー。
これで清原オリックス行かへんかったら…。
Posted by よーこ at 2005年12月18日 00:37
お初です。
思わず書き込みたくなりました。
岸和田男が行かないはずない!
嫁蹴ってでも行け!
ノリも!
Posted by はっさく at 2005年12月18日 02:37
>はっさくはん
あとで読み返したら亡くなってもうたが死んでもうたになってたり滅茶苦茶な文章やったね…
あんときほんま頭真っ白やったから…
20日に清原はんがオリックス入り表明らしいわ。
とりあえず良かったで。
Posted by よーこ at 2005年12月19日 12:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。