2006年03月29日

ゲーム内劇の難しさ

貰たんスパムトラバなんやけれど笑てもうて消すに消せないよーこやー。

昨日は某劇団ギルドん劇見に行ったんやけれどメンバー引退興行やそうで。
劇

ほんで今回ん劇見て思たんやけれど小説とゲーム内劇てどっちが難しいんやろね。
たとえば委員長やったら転職前けつね使て先生やったら初心者帽被せるとか映像で見せれば誰がどんな役なんかゲーム内劇やったら映像で見せればええもんを描写せなあかんから小説んほうが難しいちゅう気がするやろ。
やけれど逆んケースもあるんよ。
たとえば「意外やねー」「黙れ」ちゅう会話。
小説やったらそん間は想像に任せて台詞だけ書いとけばええ。
ゲーム内劇やと「意外やねー」言われた人が突っ立って台詞言うたらぶち壊しやから言うた人んほう振り向いて「黙れ」ちゅう台詞吐かなあかんし最初に台詞言うた人はそれ受けてそっぽ向かなあかんやろ?
言葉吟味して慎重に選ばなぶち壊しになるんはどっちも一緒。
たとえば「クレームが来たので会社辞める」のと「苦情が来たので会社辞める」て本来は同じ意味なんよ。
やけれどクレームちゅう言葉は日本やと難癖に近いイメージあるんよね。
やからほんまは同じ言葉やのに前者は「自分は一切非あらへんのに難癖つけられたで仕方なく辞めなあかん」ちゅう言葉になるし後者は「案の定苦情きてもうたで責任とって辞めなあかん」ちゅう意味になるんよ。
たった一言やのに言った人ん気持ちは真逆になってまう。
ほれからゲーム内劇ん中で普通の劇や小説より難しいんは間の取り方やね。
普通の劇やと台詞は耳で聞くから誰でも同じタイミングで伝わるで間は取りやすいんよね。
小説んほうは読む人が自分のペースで読むから間取る必要あらへん。
やけどゲーム内劇て文字として伝えなあかんのに観客ん速度まちまちやから間取るんほんま難しいんよね。
大抵は余裕もたせよ思て間延びした劇になってしまいがちなんや。

ほなわけでゲーム内劇ちゅうんは難しいものやからこれからも頑張って続けて欲しいわ思た一日やった。

posted by よーこ at 16:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クレームをクーレムと読んだ自分はTS中毒(*ノωノ)
Posted by ゆうな at 2006年03月30日 08:38
同じくクーレムと読みましたが何か?

ちょっと前の記事はこんな形で落ち着いたらしいでーw
つttp://www.daily.co.jp/baseball/2006/03/28/209892.shtml
Posted by 狐狩り at 2006年03月30日 11:53
>ゆうな&狩りはん
そら会社辞めなあかんわ。

>狩りはん
いつのまに公認にΣ
Posted by よーこ at 2006年03月30日 15:41
+化前はカバ遺跡やメガロ付近で、よく演劇してる所を見掛けました。
確かに発言速度の遅さが気になりましたね。
物語の設定だけ決めて台本無しの完全即興だったらしいので、しょうがないのかも知れません。
Posted by リディカル at 2006年03月31日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15706143

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。